ACCESS

昨日: 今日:
PROFILE
 昔ながらの茅葺きの古民家に暮らして十年。 自然暮らしや、我が家の養生法、野草のお茶 化粧水、四季折々の山里レシピを 皆様にお届けできたらと願っています。

★ インタビュ−ルーム

☆↓↓野の花の絵葉書お申し込みはこちらクリック☆



☆放射能関連サイト☆

・全国の放射能濃度一覧

・化学物質問題市民研究会

・福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値

今日のお天気


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ランキング
ブログランキングに
参加してます♪
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
 
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
新・買ってはいけない〈6〉
新・買ってはいけない〈6〉 (JUGEMレビュー »)
垣田 達哉,渡辺 雄二,境野 米子
新・買ってはいけない 5 (5)
新・買ってはいけない 5 (5) (JUGEMレビュー »)
垣田 達哉
累計232万部、本誌好評連載『買ってはいけない』シリーズの第5弾

消費者よ、怒れ。
テレビや広告で目にする商品を徹底チェック!
LINKS

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。
<< 野草の魅力 | main | 安全な化粧水 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
野草茶の魅力

     
    野草茶は作用がやさしいので、毎日朝から晩まで家族みんなが飲めて、
    自然に体の中から老廃物を出し、血液循環をよくし、便秘改善し、
    お肌もきれいになるのです。


                 

 コーヒーや緑茶や紅茶は、それぞれにおいしいし、家族や友人と楽しい時間が持てる利点もあります。人並みに、豆や茶葉の種類、淹れ方、茶碗などにこだわり楽しんできました。ところが、飲むとゲップが必ず出て、胃がムカムカするようになりました。そのうちに体が受け付けなくなり、飲めなくなりました。「何で?おかしいな」と思ううちに、膠(こう)原(げん)病と診断されました。

 「治せない病気」と言われ、食事療法で闘うことにし、入院した病院の医師から、「カフェインを含む飲み物、コーヒーや緑茶や紅茶は胃への負担が多いからやめなさい」と言われ、改めてカフェインが劇薬であることに気づかされました。確かに水やカフェインを含まない飲み物であればゲップも出ないし、胃もムカムカしないのです。しかも野草茶は、やさしい香りとまろやかな味ですし、原料はすべてタダ。敷地にあるものを摘むので時間もかかりません。

 以来、身の回りにある野草でノンカフェインのお茶を作り、摘む・作る・飲むと三拍子そろった喜びを手に入れました。おいしいもの、体にいいものは、遠くにあるのではなく、足元に転がっています。都会の道端、公園、野山でけなげに生きている野草のエネルギーを少し分けてもらいましょう。

 春に採れる野草には、ハコベ、カキドオシ、スギナ、ヨモギ、ハハコグサ、サンショウ、オオバコ、ユキノシタ、ウコギなどがあります。野草茶の効能は、病気を治す効果にあるのではありません。作用がやさしいので、毎日朝から晩まで家族みんなが飲めて、自然に体の中から老廃物を出し、血液循環をよくし、便秘を改善し、お肌もよくなっていきます。

 何年かしたら、自然に風邪をひかなくなっていた、肌がきれいになったなどの体質改善が、一番の効能です。人工的になり、自然の恵みから離れていくばかりの暮らしですが、今日の食物からはとることができない多種類の微量栄養素も補ってくれることでしょう。


            「野草茶の作り方」

〔鄙陲鯏Δ燹並人佑兵然に学び、野草茶も単品ではなく4〜5種類を集める。できるだけ排気ガス・農薬などの汚染のないものを摘む)

陰干しでカラカラに乾燥させる。細かく刻み、ポリ袋に入れ、缶やビンに入れ冷暗所に置く。乾燥剤などを入れる(乾燥具合などが異なるため、野草別に保存するほうがよい)。

「飲み方」

,笋ん(または鍋)に葉15〜20グラムと水1〜2リットルを入れ、沸騰したら弱火にして15分ほど煮出す(やかんは、化学変化が起きにくいステンレス製、ホウロウ引き、ガラス、陶製にする)。好みですが、夏は冷やして、冬はポットに入れて熱いものを飲む。

 ぴかぴか「メモ」

1)中国で5千年の歴史をもつ漢方薬は、多種類の生薬の組み合わせでできています。単一の処方はありません。自然の世界は多彩、できるだけ多種類の、せめて4〜5種類の野草で作りましょう。こうした作り方なら、子供からお年寄りまで、家族みんなで飲めます。

2)野草の有効成分がもっとも強い時期は、花の時期。「花が咲いた」を目印に摘みます。こうすれば、間違って別のものを摘むことも防げます。

3)保存は1年。1年過ぎたものは、入浴剤にします。緑の葉や花は陰干しが基本です。色があせたら、香りや味も減ると思ってください(種や根は日干し)。

4) 一番の問題は、カビです。私の場合、湿気が多く、雨が多く温度が低く、かなり乾きにくいところに暮らしているので、苦い経験から、洗わないで干します。もっとも敷地の中だけでとれる汚染が少ない野草なので、安心なのです。一人一人の条件が違いますから、自分なりの乾燥をくふうしてください。ハコベ、ツユクサ、ユキノシタなどは乾きにくくかびやすいので、要注意です。

5)ハーブを庭やプランターで育てている人もいると思います。ハーブは欧米の野草茶。日本の野草茶は乾燥して保存し、煮出してお茶にするのが最高においしい飲み方だと思いますが、ハーブは生の葉に湯を注ぐ飲み方がおいしいと思います。干して乾燥したものを煮出すと、強い苦味が出てきておいしく飲めません。

6)野草茶をさらにおいしく飲むためには、炒った玄米・麦・トウモロコシなどを少量加えます。体質改善にも、より大きな効果があると思います。カラカラに干したミカン(有機栽培に限る)もおすすめです。


「参考」
{野草名・(生薬部分と摘み方)生薬としての効能「干し方」}

・カキドオシ
     (花が咲いたときに、地上部全部)利尿、解毒、消炎、血糖を下げる作用       「陰干し」
・スギナ
     (地上部全部)熱を下げ、咳を抑える、利尿作用「陰干し」
・ウコギ
     (根、若葉、花、茎)肝臓・腎臓、筋骨を強める。リウマチ・腰痛 
     「若葉、花、茎は 陰干し、根は日乾し」
・サンショウ
     (葉と果実)健胃整腸、利尿、消化不良「葉は陰干し、果実は日干し」
・ハハコグサ
     (花が咲いたときに、地上部全部)利尿、咳を抑える、痰をとる「陰干し」
・ニガナ
     (花が咲いたときに、地上部全部)健胃、消炎、消化不良「陰干し」、
・アケビ
     (花の咲いているときに切り取る。茎)消炎、利尿、痛みをとる、
      むくみ「日干し」
・アカザ
     (花が咲く前に、地上部全部)健胃、強壮、解毒、動脈硬化「陰干し」
・オオバコ
     (地上部全部)利尿、ナトリウムを体の外に出す、咳を抑え、痰をとる
     「陰干し」
・コブシ
    (花のつぼみ)蓄膿症、頭痛、頭重、鼻詰まり、鼻炎「陰干し」
・タンポポ
    (花、葉、根)利尿作用、胃腸、寝汗、便秘「花や葉は陰干し、根は日乾し」
・ドクダミ
    (花が咲いたときに、地上部全部)利尿、緩下作用、高血圧予防、解毒
    「陰干し」
・ユキノシタ
    (花が咲いたときに、地上部全部)熱を下げ、咳を止め、炎症を抑え、解毒、
     内臓の働きを強める「陰干し」


| ┗お茶 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| - | 16:24 | - | - |









http://memesk.jugem.jp/trackback/24