ACCESS

昨日: 今日:
PROFILE
 昔ながらの茅葺きの古民家に暮らして十年。 自然暮らしや、我が家の養生法、野草のお茶 化粧水、四季折々の山里レシピを 皆様にお届けできたらと願っています。

★ インタビュ−ルーム

☆↓↓野の花の絵葉書お申し込みはこちらクリック☆



☆放射能関連サイト☆

・全国の放射能濃度一覧

・化学物質問題市民研究会

・福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値

今日のお天気


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ランキング
ブログランキングに
参加してます♪
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
 
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
新・買ってはいけない〈6〉
新・買ってはいけない〈6〉 (JUGEMレビュー »)
垣田 達哉,渡辺 雄二,境野 米子
新・買ってはいけない 5 (5)
新・買ってはいけない 5 (5) (JUGEMレビュー »)
垣田 達哉
累計232万部、本誌好評連載『買ってはいけない』シリーズの第5弾

消費者よ、怒れ。
テレビや広告で目にする商品を徹底チェック!
LINKS

築150年の茅葺きの古民家を修復し、暮らしはじめて16年。おいしい水が湧き、囲炉裏があって、四季折々の恵みにあふれる暮らしを楽しんでいます。
<< 手作りしながら暮らそう | main | 買ってはいけない拡大版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
手作りしながら暮らそう

手作りしながら暮らそう 生け花の小原流の月刊誌「挿花」3月号

目が覚めるようなエメラルドグリーンのエキスはミントやスギナ、黄緑色は菜の花、薄褐色は桜の花びら、あわい紅桃色は真紅のバラの花。

エタノールに一晩浸けただけで抽出される草花のエキス、その命の輝きに驚き、魅力に惹かれ続けています。

様々な植物の花や葉、炒った米や豆、緑茶・紅茶・柿茶、野菜など多種類の化粧水を作り使い続けてきました。

その結果は一年中クリームや乳液要らずの肌。

この化粧水だけで「いいな、お母さんの肌はツルツル、スベスベ」「ようし私も、目指せ、スッピン美人!」などと娘たちから羨ましがられるほど。


59歳のシワ・シミだらけの肌を目指してどうするのかと思いますが、若いときから敏感肌でブツブツ・ザラザラ、炎症が起きて赤く腫れ上がった肌に悩み続けてきたので、トラブルのない素肌のありがたさは誰よりもよくわかります。


合う化粧品がなくて、薬局をしていた父母に作ってもらった化粧水が始まりでした。
作り方は簡単、混ぜるだけ。

必要な原料も、薬局や量販店などで販売されているものばかりです。消毒用エタノール(50ml、約300円)、グリセリン(50ml、約300円)、精製水(500ml、約120円)を用意してください。

またエキスを作る草花は、食べられる・飲めるものを目安に選びます。もちろん大根の葉や、ほうれん草、ニンジンでも作れます。自分の肌に合うか、合わないかが大切です。

キュウリを肌に貼ってかぶれ、パイナップルを食べると声が出なくなる私にとって、自然だから安心とはいえません。いつも食べたり飲んだりしている好きな食べ物、香りを選べば大丈夫でしょう。

また、エキスは汚染物質を濃縮しますから、できるだけ農薬などの汚染がないものを用意してください。

私は顔だけでなく、ちょっと痒みがあったり、カサカサしているところ、きれいにしておきたい踵などにも使っています。老若男女、家族全員で使えるので便利です。
 
 ミント化粧水

ぴかぴか「材料」

精製水70ミリリットル、消毒用エタノール15ミリリットル(大匙1)、グリセリン10ミリリットル(小匙2)。ミントの葉1〜2枚

ぴかぴか「作り方」

1、ミントは洗って、布で水気をしっかりとる。ミントは大きければ刻み、消毒用エタノールを入れ、1日置く。2、1の液を濾して別のビンに入れる。3、グリセリンと残りの水を加える。保存は、ミントの色が消えるまでの1〜2ヶ月前後。


 バラ化粧水



ぴかぴか「材料」

精製水70ミリリットル、消毒用エタノール15ミリリットル(大匙1)、グリセリン10ミリリットル(小匙2)。バラの花(乾燥または生)2〜3枚

ぴかぴか「作り方」

1、バラの花に消毒用エタノールを入れ、1日置く。

2、1の液を濾して別のビンに入れる。

3、グリセリンと残りの水を加える。保存は、バラの花の色が消えるまでの1〜2ヶ月前後。(黄色やピンクのバラの花エキスは褐色です)

「化粧水作りに大切なこと」

ー然の原料でもアレルギーは起きます。パッチテストをお忘れなく。パッチテスト
は、腕の内側に少量塗り、1〜2日間様子をみます(かぶれやすい人は2日間、かぶれたことがない人は1日)。

⊂弾罵僖▲襯魁璽襪楼汰汗が高い薬品ですが、たまに合わない人もいます。とりわけ炎症が起きている肌にはピリピリとします。

そうした肌には、消毒用アルコールの替わりに焼酎やホワイトリカーなどを使ってみてください。

それでもピリピリする場合は、何もしないのが一番。乾燥がひどいようなら、夜寝る前に、乾燥している所にだけゴマ油、オリーブ油、スクワラン、ワセリンなどの純度の高いオイルを補う程度のケアで様子をみましょう。

清潔な用具を使います。作る化粧水が2〜3ヶ月保存できたほうがいいと思うな
ら、なおのこと熱湯消毒した用具を用意しましょう。

ず遒辰寝従竸紊蓮⇔箘貼蠅琶歛犬靴泙后2鴇譴藁簑庫が安心です。

「自然化粧水を初めて使う人のために」

使う人によっては「肌が突っ張る感じがする」かもしれません。これは、それまで油性の化粧品や多種類の化粧品を使いすぎてきたので、肌が本来持っている皮脂が出なくなっているためです。

この化粧水を使い続けていくと、肌が回復してきて(約2週間から1ヶ月)、化粧水だけで冬でも肌が突っ張らなくなります。

そうした健康肌になるのには、少し時間がかかります。その間は、突っ張ったところにだけ、さらに化粧水をつける、また、オイルを部分的に補うなどの方法で対処します。

また、化粧水だけでは「どうしても乾燥する」と言う人もいます。とりわけ冷暖房器具の普及で、一日中強制的に肌の水分がはぎとられてしまう環境にいる人に多いようです。

この場合も、夜に乾燥しがちな場所にだけ、オイルを補うとよいでしょう。


| エッセ | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| - | 18:55 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。